日本投資家育成機構 | FX-Katsu®公式Webサイト

【トレード結果】相場の方向性が一定でないときの対処法!

【トレード結果】相場の方向性が一定でないときの対処法!

こんにちは!

FX-Katsuです^^

実を言うと、先週~今週はトレードを控えていました汗
そのため、本日はなぜ僕がトレードを控えていたのか、
それを詳しく解説していきたいと思います。

ただ闇雲にエントリーすれば
FXで利益をあげることはできません。

しっかりと相場状況を確認して、
エントリーする根拠を見つける必要があります。

本日はそういった”根拠”について
掘り下げていきますので、ぜひ、
今後のトレードに役立ててください^^

ドル円の現在の状況

ドル円は大きなレンジ相場になっていますね。

そもそもドル円自体が、レンジ相場になりやすい
通貨ペアなのですが、ここまでキレイなレンジ相場は
そうそうお目にかかれないですね。

また、レンジ相場はサポートラインと
レジスタンスラインの空間を狙って
トレードをするのが本来の戦略ですが、
僕はこの空間を狙ってトレードはしません。

なぜかといいますと、僕は勝率を重視するトレーダーですので、
相場の動きが急に変わる可能性のあるレンジ相場では
負ける確率が上がってしまいます。

そのため、トレンド相場や、ラインブレイクを狙って
トレードをするように心がけています。

また、ドル円は本日米雇用統計の発表があります。
もしかすると、その結果次第でラインをブレイクする可能性もありますので、

ドル円はサポートラインとレジスタンスラインをブレイクするまでは
しばらくエントリーを控えることをオススメします。

ユーロドルの現在の状況

ユーロドルも大きな上昇トレンドから、
小さなレンジ帯に突入しました。

ドル円も同様なのですが、

相場が一定の方向に進んでいない場合、
エントリーを控えることが非常に大切です。

その理由は上記でも解説しているとおり、
レンジ相場は相場の動きが予測できないからです。

こちらも米雇用統計の発表で
相場が動く可能性がありますので、

それまではトレードをしないという選択肢が
あなたの資金を守るためのいちばん効率的な戦略になります。

・上昇トレンドだったから買いエントリー
・下落トレンドだから売りエントリー

というような、相場の方向で判断する
『エントリーをする根拠』を見つける必要があります。

そのため、今回紹介したドル円やユーロドルのように
レンジ相場に突入してエントリーをする根拠が見つからない場合は、

無理してエントリーをするのではなく、エントリーを控えて
エントリーするチャンスを見つけるまで根気よく待ち続けましょう!

もしトレンドが発生した場合は大チャンス。
相場が大きく伸びるポイントなのでたくさんの利益を狙ってくださいね^^

最後に

こちらの講座で、僕の「1分足スキャルロジック」について
無料で学ぶことできます!

受講はこちらから!↓↓
秒速スキャルFX無料講座

僕の1分足スキャルロジックの魅力は、

1.ゲーム感覚で楽しみながら、
3連続、4連続コンボと「秒速」で利益に変える!

2.毎日約70回のチャンスがあり、
忙しい人でもスキマ時間に利益を生み出せる!

3.ロジックがすごくシンプル!
FX初心者の方でも大丈夫!

と、自慢のロジックです^^

実際に僕のロジックを使っている方からも
喜びの声もたくさん届いています。

■「初回から破竹の15連勝で165pipsです!」
(阪本 春治様)

■「11勝3敗、過去最高の勝率です!
(豊田 直さま)

■「1週間で1万6,000円の利益!
(宮島 良太さま)

■「9戦7勝!すぐ利益になるのもいい!
(馬場 一弘さま)

■「ストレスなく1週間で82pips獲得!
(大場 正広さま)

■「1週間で300pips!出来過ぎです!」
(井口 大樹さま)

ぜひあなたも、この無料オンラインレッスンで、
僕の1足ロジックを学んでいただき、

「FXは楽しく稼げる」

ことを実感していただけますと嬉しいです!
今なら無料で受けられるこの講座を、ぜひ受講してみてくださいね!

秒速スキャルFX無料講座はこちら!

クロスリテイリングLINE@

クロスリテイリングのLINE@と友だちになれば、有益な投資情報を無料で手に入れることができます!

PAGETOP